ニキビ 化粧水 選び方

ニキビ化粧水は予防を目的に選ぶ

ニキビを治すために化粧水を探している時は、どうしても「今あるニキビを治せる化粧水」を選びがちです。ただ大きなニキビが出来てからでは、化粧水を使っても即効性は期待できません。

 

赤く大きく腫れ上がったニキビは、皮膚科で処方された薬でもすぐに治るわけではなく、炎症を抑える薬や化粧品を使って、ニキビが治っていくのを見守る他ないのです。

 

ですのでニキビ化粧水を使うのであれば、炎症を抑える成分が配合されているのはもちろんですが、それ以上にニキビ予防にどういった効果があるのかを見極めることが大切です。

 

ニキビは予防さえしっかり出来ていれば、少し生活習慣が乱れても大きなニキビになる前に治ることが多くなります。

 

身の回りにも同じ生活をしているのにニキビが出来ない人はいませんか?ニキビが出来ない人はニキビに強い肌を持っている人です。ニキビだけでなく肌への刺激に耐性があるので、若くキレイに見えがちです。

 

ニキビに悩んだ時には、次のニキビを作らないようなニキビ化粧水を選びましょう。

 

ニキビはどうやったら予防できるのか?

 

ニキビを予防するには、ニキビの原因を取り除くことから始めましょう。ニキビの原因は大きく分けると5種類です。

 

  • 日々の生活習慣
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 食事・睡眠
  • ストレス
  • 肌の乾燥

 

肌が乾燥している人は日々の洗顔やスキンケアから保湿を重視するようにしましょう。肌の保湿はニキビ対策だけでなく、老化や肌の疾患の予防にもなりますし、美肌を作る上での土台です。

 

ホルモンバランスの乱れとストレスに関しては避けられないこともあります。ホルモンバランスが乱れると肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が溜まってしまい、それが毛穴の詰まりを生み出します。そんな時には刺激の弱いAHAを配合したピーリング化粧品で古い角質を剥がしてしまうのがオススメです。

 

思い当たるニキビの原因に合わせて、必要なニキビ化粧水を選びましょう。